まわり道の景色

緊張したり、リラックスしたり。楽しいことを探す日常。

パッと切り替えたい

 

小さなことでイライラしてエネルギーを消費してしまう。

最近は、あ、今自分は苛立ってるな、些細なことで落ち込んでいるな、と気がつくことができるようになったと思うけど、

まだまだ負の感情に圧倒されてしまう。

 

辛いな。苦しい時間なんて幼少期だけでよかったのに、

その後も何らかの形で続くなんて悲しいし、腹が立つし、正直なところ不公平だなと思う。

そんなことを考えて、最近はちょっと気落ちしていることが多い。

 

 

週末になれば、友人と久しぶりにスポーツ観戦へ行き

来週は、都会にいた頃によく遊んでいた人がこっちまで遊びに来るらしい。

 

今はそれが楽しみ。

最近のことを引きずって、暗い表情で過ごしたくない。

心の底から楽しみたい。

 

富士宮焼きそばとか、食べに行きたいな。

美味しい食べ物や美しい風景が心身をリフレッシュさせてくれる…と思いたい。

 

 

半人前

 

悲しい。悔しい。こういうとき、気持ちをうまく表現することが出来ない。

 

複雑な生い立ちのわりには、よくやっているのかもしれない。

けど、社会の中では何かと置いていかれがち。

 

精神衛生上は、あまり自分のことを責めない方がいい。

ところが自らを省みないと、成長にならない。

 

混乱してる。

なんだか言葉にするのも苦手。

初の一人旅

少し前ですが、年始は初めての一人旅で山梨へ出かけていました。

 

近場に一泊とはいえ、一人での旅は全くの初めてだったので、

まずは詰め込みすぎずに行ってみよう・・という気軽な感じで出発しました。

 

年始の旅行で心配だったのが飲食店の休業とバスの減便。

それでも一人なら失敗は自己責任で気を遣う必要もないので、気楽にやれる。

 

 

はじめは甲府城跡や駅周辺の散策。

僕が最初に驚いたのは、富士山以外の雪山があるということ!

f:id:Nabecchi:20170105221400j:plain

城跡からは街並みの他、南アルプス八ヶ岳といった山々を望むことが出来ました。

 

その後、中央本線石和温泉に移動。 

 

f:id:Nabecchi:20170108163755j:plain

予め調べておいた飲食店を目指すも年始でお休みだったので、周辺を散歩。

このあたりは温泉街で、旅館やホテルがたくさんある。

入浴だけでもOKな場所があるので温泉に入ることに。

時間的にも人が少なかったのでのびのびと満喫してきました。

 

お土産などを見つつ電車で甲府に戻り、次は武田神社へ。

 

f:id:Nabecchi:20170104222354j:plain

こちらは初詣で賑わっていて、参拝までに1時間ほどかかった。

こういう場所は何人かの旅行で来たかったなぁと思いつつも、時間は十分にあったので今年は何を願うのか、じっくりと考えていました。

 

 

f:id:Nabecchi:20170104211345j:plain

夕食はほうとう。種類がたくさんあって迷ったけど、今回は辛豚ほうとうというものを注文してみた。ピリ辛で豚肉・かぼちゃとの相性が良い。左の鶏もつ(鶏レバーの甘辛煮)も美味しかった。この日は昼食をとれなかったけど、ボリュームのあるほうとうと鶏もつを食べて、しばらく動けないほど満腹になった。

 

結構歩いて疲れていたので、早めにホテルに戻って夜は正月のテレビ番組を見ながら過ごしていました。

 

 

2日目は駅からバスで昇仙峡へ…。のはずが、ここでバスを乗り間違える初歩的なミス…。

なるべく目的地に近いところで降りるも、次のバスまで1時間待たなければならなかった。

なので河原で休憩しつつ、あれこれ調べる(スマホに助けられた)。

 

かなりの減便でどうなることかと思っていたけど、無事にバスが到着して

昇仙峡に向かう観光客らしき人と合流。あとは流れで何とかなりそう。

一旦公共のバスを降りて、渓谷の入口から地元の人が運転する有料バスに乗り換え滝上を目指す。

到着してからはまた一人で行動。

 

滝上には影絵の森美術館があり、まずはそこを見て回ることにした。

94年、世界初!の影絵の美術館らしい(撮影禁止でした)。

そこに展示されている影絵がまた綺麗な作品ばかりで衝撃を受ける。

河野里美さんという方の影絵が色鮮やかでお気に入りになった。

ポストカードを購入して、いよいよハイキングへ。

 

f:id:Nabecchi:20170104214048j:plain

見上げると素晴らしい渓谷美が広がっていた。岩は落っこちてきそうなぐらい迫力があった。

 

f:id:Nabecchi:20170104214553j:plain

仙娥滝。写真がうまくとれなかったけど、豪快に水が流れ落ちる。

 

f:id:Nabecchi:20170104211353j:plain

昇仙峡のハイキング途中にあったお店で2日目の昼食。岩魚定食をいただきました。

岩魚の塩焼き、手打ちのおそば、シイタケと鷹の爪の混ぜご飯、かぼちゃの煮物といったこだわりの定食を渓谷を眺めながら食べる・・贅沢な時間。

紅葉や桜の時期は賑わうそうで、食事の待ち時間に店員さんがその写真を見せてくれた。こういった小さな気配りにも心癒される。

 

 

その後は川沿いの道を下りながらハイキング。

川の様子や、少し変わった形の岩の写真を撮りながらバス停へ戻る。

f:id:Nabecchi:20170108155114j:plain

 

f:id:Nabecchi:20170108165043j:plain

 

f:id:Nabecchi:20170108154844j:plain

 

 

最後はお土産などを探しに、駅の近くにある甲州夢小路という場所へ。

 

f:id:Nabecchi:20170104211400j:plain

これはタカトシ温水という番組で紹介されていた桔梗信玄ソフト。

山梨に行ったら絶対に食べる!と決めていた。爽やかな甘さで美味しかった。

 

f:id:Nabecchi:20170108165500j:plain

お土産に信玄餅やレーズンサンドを買って、静岡へ帰宅。

 

一人での旅行は時々寂しさがあったけど、気楽でもあった。

知らない土地では少し思い切ったことができるような気がする。

一人暮らしを始めたときのような新鮮さを思い出した。

 

また秋か来年あたりに旅行したいなぁ。

なんとなく気の合う人

 

人と気持ちが通い合うということは、意外と稀なことだったりするんだな。

 

組織の中とか、人数が多ければ多くなるほど、相対的に自分とは異なった考えを持っている人がたくさんいるから、

そこで変に自分と比較して、自信を失う必要はないのだと思う。

 

それでも不安になったり、今の自分はこれでいいのかって気持ちになったりするけどね…。

そう感じることは普通で、悪いことじゃない。

 

人との関わりの中で、自分との共通点をなるべく探していきたい。

自分は少数派なところがあるけど、話してみなきゃ始まらないよ。

きっと合う合わないってだけの話だから、大丈夫。

 

あっ、気がついた!

 

LineとかSNSとか、人とのやりとりでいちいち疲れてしまう僕。

気にし過ぎているな〜っていうのは自分でわかる。

一方で、電話や会話はその場限りで終わるからまだ気楽にやれる。

 

外では、人がいるだけでなんだか気になってしまう。

例えば都会の混んでいるトイレに入ったときは、

用を足すことができなかったりする。

そういうときはなるべく深呼吸して落ち着かせようとするけど、

まだ今のところは効果がみられない。

不便なので何とかしたい(こういう人、他にもいるのかな?)。

 

まだまだ緊張しすぎてるなと思うけど、

そんな自分に気がつくことから始まる。

  

ご無沙汰でしたが、最近は情緒不安定になることが減って

割と普通に家業をこなしています。

車の運転もまた出来るようになりました。

欲しい資格があって試験を受けたものの、残念ながら落ちてしまいました。

また来年再チャレンジします(結構へこんだけど、ここまでやったからには受かりたい)。

それとしばらく運動不足だったので、3、4日に1回ぐらいは走るようにしてます。

意外と走っている人たちがいるし、夜は夜景が綺麗だということもあって、実は楽しかったりする。

そんな感じの日々です。